ライフプラン作り

ライフプラン作りに必要なこと

 あなたのライフイベントは?

画像の説明

 ライフプランに必要な5つのステップ

画像の説明

この図はライフプランにだけ当てはまることではありません。

私たちが何かを達成するために必然の万能の法則と言えます。

例えば、あなたがこれから毎日ジョギングを始めることにしました。隣では、コーチが指導してくれます。
「さあ、走ってみよう!」とはならないですよね。
まず、あなたがこれまでジョギングをしたことがあるのかどうか、現在、どれだけの体力があるのかなど、現在の状態を知ることから始まるはずです。

そして、目標を立てます。
最終目標は42.195kmを完走することだとしましょう。
学生時代以来、運動らしい運動をしたことがなければ、1週間ほどはウォーキングすることになるかもしれません。
そして、徐々に自分の体力と経験値を重ねていき、最終目標を目指すことになります。

最終目標に到達できるかどうかはやってみないとわかりません。
もし途中で計画通りに到達できなかったら、原因を追究し対策を練ることになります。

対策を考えても希望の時期に最終目標にたどり着けない場合は、軌道修正が必要です。

自分の体を酷使し結果的に体を壊してしまっては、せっかくの意思も努力も報われません。

ライフプラン作りも全く同じことが言えます。

 ①現状を把握する方法

画像の説明
画像の説明

 ②目標設定

画像の説明

  • 教育費はどのくらい必要なのでしょうか

  大学卒業までにかかる教育費の目安

  • 住居費はどのくらい必要なのでしょうか

  住居費を考える

  • 老後はどのくらい必要なのでしょうか

画像の説明

 ③原因分析

画像の説明

 ④対策

これから必要になる資金を準備するには、3つの方法しかありません。

「無駄を省いて出費を抑える
「(手取り)収入を増やす」
「資産を運用する

ストレスのない無駄の省き方

家計のなかで、まず見直すべきは「固定費」です。
1度見直せば、ずっと効果が続き、食費や交際費などの変動費とは異なり、削ってもストレスがなく、生活レベルが下がることもありません。あなたも固定費を徹底的にカットしましょう!

固定費の代表である「生命保険」と「住宅ローン」の見直し効果は絶大です!
画像の説明
収入を増やすときのコツ

ママの働き方でこんなに変わる!
画像の説明
画像の説明

運用コストを見直す
画像の説明

 ⑤実行

現状把握から見直しまでができると、あとは目標に向かうのみです。
私たちの取り巻く環境や生活スタイルは変わりますから、1年に1度は現状を把握する時間を取りたいですね。