人生原発性副甲状腺機能亢進症

【原発性副甲状腺機能亢進症】入院記録⑤入院5日目

【入院5日目・術後2日目】

2020年5月24日

 

午前5時、巡視にくる看護師さんの気配とともに目が覚める。

やはり首が痛く、もう寝られないと思ったが、睡眠不足と疲れからか、しばらくすると、うとうとしていた。

 

午前7時、「中山さん、おはようございます。」という看護師さんの声に起きる。

頭がぼーっとしていた。寝たり起きたりしていたからだろう。またうとうとした。

 

午前8時、朝食が運ばれてきたが、ぼんやりとした意識のなかだった。

それでも、体力が落ちてはいけないと思い、食べられる分だけ朝ご飯を食べる。

食事の内容は、一番下のダウンロードからご覧になれます。

 

午前9時過ぎ、管を抜きに医師がやってきた。見たことがない医師。病室内の紙に書いてある「担当医2」の先生だろうか?

眼鏡をかけた、そっけない先生だった。

管を抜くときも特に何も言わず。パチ、パチ、と管を切っているようだったが、見えないし説明もないので恐怖感がある。

私だけかもしれないが、管を抜くときは相当痛かった。ただ、一瞬なので我慢できる。

 

管がとれると、こんなにも楽なのか!と体も心も軽くなる。

唾の飲み込みも、首周辺の痛みも、かなり楽だ。

術後の傷口画像は、一番下に掲載しています。管が取れたので昨日よりは見た目が良くなっていますが、そういう画像は苦手・・・という方は遠慮してくださいね。

 

看護師さんから、下半身のシャワーをしても良く、洗髪は看護師の手伝いのもとできる、という話がある。

 

さっそく、シャワーを予約しにいくと、9時半から空いているということで、体を洗ってスッキリ。

下半身のみo.k.ということだったが、傷口にあたらないように上手く体が洗えるなら良いとのこと。下半身だけ洗った場合でも、上半身を拭く温かいタオルを持ってきてくれる。

 

午前10時頃、午前中に洗髪できると看護師さんが伝えに来てくれる。しばらくすると声をかけにきてくれた。

 

洗髪はシャワー室にあるシャンプー台で行う。

看護師さんが洗髪の手伝いをしてくれる、というより、すべて看護師さんがしてくれる。

 

これで頭もスッキリ。

 

★もし、嫌でなければ、髪は短くしておくと良い。手術のときに髪を束ねる必要も、看護師さんに髪を洗ってもらうときも、邪魔にならない。

気温が高い時期は、管をつけながらベッドで寝ているときも、髪が短い方が暑くない。

 

昼食は、動いていないので全部は食べきれなかったが、美味しく気分良くいただいた。

管が抜けると、1日1回、短時間の外出はしてもよいことになっている。しかし、今は新型コロナウィルスのことがあるため、外出するならすぐ近くのファミリーマートくらいだ。

5月下旬とはいえ、今年は気温が高く、今日も外は29度くらいまで上がる予想だ。私は静かに病室で過ごす。

午後1時からは、ひふみ投信の「ひふみフォーラム2020」のYouTubeライブを見たり、ちょっとした仕事をしたりしていた。

 

途中で、看護師さんが、「明朝6:30から採血するので、朝がんばって起きて下さいね」と声をかけにきてくれた。血液検査の結果を8:30までに出さないといけないのだとか。

血液検査の結果でカルシウム値が正常値になっていれば、予定通り26日に退院できるのだろう。

 

夕食も、全部は食べきれなかったが美味しくいただいた。

消灯になる午後9時には、昨晩の睡眠不足のせいかうとうとするが、なかなか寝付けなかった。

管がとれ、シャワーをした直後の様子です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です