執筆

老後資金としての貯金の目安と対策について執筆しました

ライフプラン相談では、「老後のためには、いくら貯金していたらいいですか?」という質問をよく受けます。
以前は、老後を心配したライフプラン相談は、40歳代以上の方が多かったのですが、今では20歳代の方でも老後資金を心配なさる方が多いです。

老後資金にはいくら必要な必要なのでしょう。
それは、1人1人もらう年金額も違えば、暮らし方も違うので、オリジナル試算が必須です。

「それはわかっているけれど、どれくらい?」と目安は知っておきたいもの。
リクルートの「保険チャンネル」サイトでは、高齢者を対象とした、貯蓄額や家計収支の調査結果をもとに「あなた自身のシニアライフ」に必要な貯蓄額や準備の方法をご紹介しています。

老後資金のことが心配な方は、参考になさってください。
今の高齢者より1,000万円以上も貯金が必要?シニアの貯蓄額、赤裸々な実態と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です